My younger son made a stop motion anime by Lego.

 

最近、クラウドファンディングが気になる。

と言っても勿論日本国内のクラウドファンディングサービスである。

米国では既にキャズムは越えた様子だが、日本では正にキャズム手前、アーリーアダプター真っ盛りだ。

小額の援助を集めてプロジェクトを成功させるクラウドファンディングのビジネスモデルは目新しいものではないが、インターネットの普及によって可能となった一つのファンド形態だ。

日本のクラウドファンディングに関しては

などに代表的なサービスが紹介されているのでそちらを参考にして欲しい。

そこで、いったい日本のクラウドファンディングの何が“気になる”かだ。

まとめサイトの主要なサービスを見れば一目瞭然で、大きなポイントとして2点ほどあげることができる。

これらのポイントは特徴であり、利点であり、そして欠点だ。

 

第一に、殆どのファンド(全てか?)がリターンを物やサービスで行っている『満足感型』である。


 プロジェクト成功時に、どのようなリターン(配当)が支援者(資金又は労力提供者)に与えられるかが重要であるが、現在の日本のクラウドファンディングは法律の関係もあり、そのほとんどが金銭以外によるリターンである。

具体的には、このパターンにはプロジェクトに対する資金調達が成功して、目的の商品が販売されれば、優先的な購入件がありますといったものから、壁紙進呈、会議参加権進呈などがある。

これら『贈与型』が殆どで、私自身はその『贈与型』に『無報酬型(ボランティア型)』も含んでいる。

この二つを同じカテゴリに分類しているのは、これらは支援者の基本的なモチベーションが金銭以外の『満足感』にあるからである。

問題点は何か。

それはもちろん『贈与型』と『無報酬型(ボランティア型)』は大きなビジネスには繋がらないことにある。

リターンが金銭以外なので、プロジェクトは単発的、イベント的なものになりやすい。

逆に長期にわたるビジネスプロジェクト、物理的で無いビジネスサービスプロジェクトには向いていない。

実際、現在集まっている資金を見てみると数万円から百万円程度が主である。

いったい百万円程度で何ができるというのだろうか。

小さなノベルティ商品を開発して販売するだけなら可能だろうが、目新しいサービスを運営するとなると1~2年の支援と数千万円の資金が必要だ。

 

第二に、どれも似た様なサイトデザインのテイストとそこに並ぶ多くの『良い子ぶった』プロジェクト。


上記まとめサイトにリストされている日本のクラウドファンディングを一見して感じるのは、『良く似た』サイトが多いことだ。

デザイン的には見分けも付かない。これらのサイトーデザインのキーワードは『ロハス』と『森ガール』かも知れない。

インターネットの世界に身を置いていれば良く感じることであるが、日本では『ボランティア』が崇高であり、そこに金の臭いをさせてはいけない。

オープンソースの開発現場で『趣味による無償の奉仕』が尊ばれるのと同じだ。

『ボランティア』から『ビジネス』への道はデジタルであり崇高な目的を持ったビジネスマンは存在しないのが日本のマーケットだ。

しか、しこれでは日本のクラウドファンディングは同じ趣味のファウンダーと者支援者をが助け合う小さなお遊びのグループのままだ。

もちろんこのようなタイプのクラウドファンディングサービスがあっても良い思うが、最初に上げた法的な拘束もあり、現在、日本のクラウドファンディングはの活動は自由とは言えない。

法的拘束のためと日本人に常に内在する利益追求を恥とする文化的バックグラウンドだ。

 

日本版クラウドファンディングの利用


安倍さんが、成長戦略にWEBサービスへの規制緩和を強力に推し進めれば現状打破も期待できるだう。

個人的にも大いに期待し、利用もしたいと考えているがクラウドファンディングだが、飛び立てない電子書籍マーケットと同様に、eBayが日本で成功しなかったように、日本のクラウドファンディングの未来は寂しい。

日本のWEBサービスの多くが同様であったように、サービスを十分に成長させることができず、遊びで終ってしまう可能性がある。

また、現在の日本のクラウドファンディングを利用するためにはプロジェクト自体をそれらのサービスにあわせる必要がありそうだ。

私の考えているものもこの方向で模索してみるか。。

Congratulations, Mt. Fuji got approval. Also, Mihonoatsubara.

I drew their landscape easier by Artrage. 

スマホブームの昨今ではあるが、子供に高いスマホを持たせるには少し躊躇してしまう。

そこで少し先の未来のために実験&実験。

先ずはSIMフリーのデバイスを用意する。

私が選んだのはSONY XPERIA mini ST15i SIMフリー。 

知り合いの講師先生が実際に使用して実機を見ていたためだ。購入はAmazonで16000円程度で可能。

熱暴走や連打病の報告もされていたが、OSをAndroid4.0にアップデートすれば解決。

SIMは現在のところ最も安いDTIのServersMan SIM 3G 100を契約する。

これは通信速度100kながら月額490円という格安SIM。

オプションのSMSオプション:150円/月、ServersMan 050:315円/月をあわせて月額合計955円。

100kの速度でip通話ができるのか!!? これが最大の疑問だ。

これができれば、基本料金月額955円の携帯が完成する。

Fusionの050電話では実用的とは言えない結果が出ていたが(もちろんLAN環境では問題無く使える)、

DTIが提供するServersMan 050は100kでも会話可能というのが売りである。

いままでのところ最も音質が良いのてはLINE、その次がSkypeでこれらの通話アプリであれば快適に会話可能である。

5月からDTIが提供したServersMan 050を現在検証中!

 

民主党が不完全な政策を続け、国民の総スカンを食ったことは認めよう。
宇宙人から始った不思議内閣は最後には巨大地震を原発を食らい吹っ飛んでしまった。
しかし今の自民党は一体何をしたいのかまるで意味不明だ。

日本は20年以上もの長期低成長時代に突入したまま延々ともがいている。
歴史の本を紐解いて見ても、不景気が長く続くと国は右傾化し、独裁的、強権的勢力が人気を集める。

安倍さんや橋下さんが歴代の独裁者に並ぶキャラだとは到底思えないが、日本には日本的な独裁政権の運営が存在する。
民主的独裁とも言うべきか、この方法は民主的なだけに性質が悪い。
今、はっきりと言える事は、
自民党の改憲や中国や韓国に対する対応、教育などナショナリズムを煽った政策は全て間違いだ。
昨今の中国や韓国の姿勢には個人的にも腹立たしく思うが、その腹正しさから来る思考停止状態は危険だ。

既に戦後では無いと言われて久しいが、戦後でない今はまさに戦前であるのだろう。
2ヶ月後に自民が圧勝すれば、確実に日本は間違った方向へと向かう。
君が代斉唱なんて義務付けられたらたまったものじゃない。

歌は歌いたいときに歌いたい歌を歌うものだ。

橋下そんが大阪府知事になったときにこんな似顔絵を描いた。

絵が古くなったので新たに描きなおし。
太陽の党合流以来、はちゃめちゃな感じが高く、維新の会の分解も早まりそうだけど、もう少し使えそうな似顔絵です。

、、と言っても、Joomla!3.0化によるリニューアルです。

昨年の暮れ頃からJoomla!1.5あたりのクラッキング報告が多く、私の関係したサイトもやられてしまいました。

エックスサーバーなどはクラッキングを受けた段階で即サーバーアカウント凍結、サーバーのクリアとドメイン設定のクリアを行わないと回復してもらえないので大変です。。

ドメイン情報のクリアはメールアドレスの再設定をも含むため、クライアントの一時的な業務停止やメール停止の報告も含め、か・な・り・大変なことなのです。

私自身のサイトもJoomla!1.5系だったので一刻も早く3.0に移行しなければと考え、一先ずの3.0化です。

そのため、まだまだ、ゴタゴタとしています。特に旧サイトのブログ部分はNucleusで構築されていたので、そのまま3.0のブログアイテムへのmigrationは今のところ無理そうです。300以上のアイテムがあるために、手作業による移行もやってられない状況です。

少しずつ整備の予定ですが、こんな感じ、宜しくお願いいたします。

昨年の10月に米国カリフォルニア州で公道での自動車自動走行が許可された。
実際に走るのはGoogleのセルフドライビングカーだが、世界的な先進企業に認可を与えたことによって21世紀のカリフォルニアは最も進んだ地域へとステップアップする可能性がある。

CNNのニュース記事:http://edition.cnn.com/2012/09/25/tech/innovation/self-driving-car-california/index.html

Googleのセルフドライビングシステムはさておいて、
現状、自動車産業国である日本がこのような先進技術への取り組みに遅れているのは何故だろう。
政府は民活や新産業育成と叫びながらもインキューベーションを作るばかりで実社会への導入が非常に遅い。

地上を走る自動車が抱える問題解決の次のステップは自動車のインテリジェント化だけである。今風に言えばスマートカー、“Autonomous car(自律走行車)”だ。
現在の自動車は人間が判断して運転する極めて不安定で危険な乗り物である。
その不安定で危険な乗り物のために日本国内では年間4~5千人の死者が出ている。
これ程多くの死者(これでも随分と少なくなったのだが、、)を出す交通機関(走る環境や法律、許認可も含めて)には欠陥があると考えるべきだ。
新幹線や旅客機で毎年5千人の死者が出るだろうか。

自動車のインテリジェント化には幾つかのステップが考えられるが、以下に数年以内にも着手できそうなものをピックアップしたのでヨロシク。

  • 最も単純で効果的だと考えられるのが高速道路内の自動化だ。
    特定のレーンを自動走行レーンとして、自動走行可能車をそのレーンで走らせる。高速に車を載せればあとは目的のインターチェンジまで寝ていてもOkだ。
  • 自動走行ではないが主要国道以外(つまり一般の住宅地や商業地内の道路)の場所での自動速度制限機能を全ての車両に設置する。
    今のGPS(Global Positioning System)は少し制度が低いが、日本の『みちびき』をバックアップも含めて三、四個飛ばせば大して難しくも無いシステムだ。
    これによって住宅地で時速30km以上を出すバカ者はいなくなる。
  • もちろん、接近時の警告や自動停止システムの設置も新車への義務とする。

何か新しいことを進めようとすると既得権を持つ者や旧来の法律、制度が邪魔をすることは分かっている。
しかし法律の整備や行政は役人の仕事であり、立法は政治家の仕事である。
彼らが怠けているに違いない。橋下さん、大阪都も良いけど、大阪スマートカー構想でも打ち出して、悪質ドライバー一掃してくれ。