KyotoPoliceSpy

京都府警の私服警官が大学内に侵入した。

彼らの頭の中は常に犯罪と陰謀の疑念で渦巻いている。

運が良ければ、反体制の学生運動家やグループでも見つけられたのだろう。

もしかすれば、ISISへの参加を目指す大学生を見つけたかったのか?

不祥事の多い京都府警は何かと絡みたがっている様子だ。

古くはWiny。情報流出の前科のある京都府警は、サイバー犯罪取り締まりに躍起だった。

どう考えても罪をかぶせることはできない製作者だったが、警察に一度でも捕まると白い目で見られる日本社会。

冤罪の目は積まれず。

当の本人が死んでしまったので、次なる目標でも探しているのかな。