未だに淡路島一周サイクリングの決行日は決められないでいる。

以前から7月か9月を予定していたが、7月の予定が立たなかったため、9月に延期された。

子供の夏休みを考えると8月が良いのだが、熱射病を避けるためにも少しでも涼しくなるであろう9月を選んだ。

気温が低くなるのは9月の中旬以降であるが、基本的に土日を選ぶと候補として挙げれるのは、9月17、18日。

最近まで知らなかったが、9月19日の祭日には『淡路島ロングライド150』が開催予定である。

サイクリングは『淡路島ロングライド150』の前の日には終わるため、計画の実行には問題無いハズだ。

購入物 

淡路島一周サイクリングに備えての今回の購入物はこれ。

 

アクティブ スマートフォン ホルダー ( 自転車 ・ バイク 用 ) アンチ ショック アイフォン iPhone 6 / スマホ / GPS などの デバイス に対応 ハンドル 固定

サイクリングに必須の持ち物を決定するのは難しい。

無駄な物は一つも持って行きたくはないが、かと言って必要な物を忘れては困る。

前回のサイクリングでも感じたことは現在位置の確認とペースの確保。

そのために必要なものはスマホ。

何時もスマホは装備しているが、リックやポケットに入れていると取り出して確認する際に手間がかかる。

手間がかかるだけなら良いが時には危険だ。

そこで今回購入したのが、スマートフォン ホルダー。

さて、望みの効果は発揮してくれるのか。 

購入物追記

回購入したスマートフォン ホルダーだが、試しに我が家のシティサイクルに装備て走ってみた。

結果は、、んんっ。。概ね振動でずれることは無いが、やはり若干自転車の振動でずれる。

試しに3~4Km走った程度でずれるのだから2日間の走行に耐えられるだろうか。

それと、日光で照らされ続けスマートフォン本体はまるで不良バッテリーを利用した時のように熱くなる。

これも問題だ。

、ということで、新たなアイテムを衝動買いした。

こちらもカインズでゲットした『スマートフォンが入るサイクルバック』。

果たして、望みの効果は発揮してくれるのか。 

 

サイクリング 琵琶湖/淡路島