電子書籍フォーマットのePUBの普及は中々だが、時代は着実にマークアップ言語による電子化に向かっている。
近頃、良く耳にするのがiPadをはじめとしたタブレット端末による営業ツールとしてのドキュメント作成だ。
タブレット端末で営業カタログを見せたい。
広告用のムービーを見せたい。
などのニーズは結局のところHTMLによるマークアップに落ち着く。
現状で悩ましいのはHTML5か、ePUBか、それともレイアウト最優先のPDFかの選択である。
この際、PDFは放っておいて、HTML5とePUB、iPadとAndroidに関して再考察してみる。

iPadかAndroidか?

iPadがタブレットブームを起こしたことは間違い無いが、タブレットがapple社によって発明されたわけではない。
しかしながらappleには信者が多く、それらの信者は新たなマーケットを切り開くにはもってこいのテストカスタマーとなる。
NECやHP、DELLがいくら革新的な物をリリースしても革命的なことは起こらない。
そういった意味で言えば、appleの存在はメーカーにとっても有り難いものである。

iPadの第一の大波が押し寄せた後、世界中ではタブレットブームが巻き起こり(appleエバンジェリストによれば、全てコピー品だが。)様々な商品が溢れた。
その中でも最も有望なものはAndroidタブレットである。
そのため、現状ではコンテンツ作成をiPadとAndroidのどちらにするかで問題となる。
しかし、営業ツールとしてのコンテンツとなれば話は簡単で、クライアントの好みが確定しているために、『クロスプラットフォームで』などという依頼はそれほど多くない。
今までの個人的な経験ではiPadベースを基本とした依頼が多い。
これは、日本国内でソフトバンクが中心となってiPad導入の営業に奔走していると同時に、Android陣営は特定のデバイスに集中したセールスが難しからであろう。

コンテンツ作成にしてもAndroidよりもiPadの方が簡単ではあるが、ePUB閲覧に関してはiPadに分があるように感じられる。
iPadではiBooksが用意されており問題を感じることは無いが、現状Androidアプリでは出来の良いePUBリーダーが見受けられない。

最近、仕事で久々にMicrosoft Accessを触っています。
真剣に触るのは7~8年ぶりくらいなので、本当に久しぶりです。
Accessのバージョンは2010に上がっていましたが、内容にはあまり変化無く、変化したのはOffice製品に共通で不人気極まりないメニューバーだけです。

目的のDBシステムをAccessで構築したのは良いのですが、良く考えれば、多数の人間でDBを共有使用するには人数分のAccessが必要ではないのか、、、と気付き、OpenOfficeのBaseで再構築か、はたまた、MySQLによるWEBサービスにするか、それともWEBサービスはインターフェイスがチープなのでFLASHをインターフェイスにするかと考えていると、既に私のスキルを超えた状態になっていたので、駄目もとで“Access ビューワー”のキーワードで検索をかけると、見つけました。「Access Runtime」

最新は2010年版ですが、Microsoft Office Access 2007 Runtime とあるので、数年前からリリースされていたのでしょう。
地球に生まれて良かった!
(まあ、この際、本体もOpenOffice対抗のためにオープンソース化でしょうか。)
サイトのトップページにある“BLOG最新5件”のリンクが長い間、変だった。。
どうやらサーバー変更してphpの再設定やら、何だで、変なURLが吐き出されていた様子だが、修正する暇も無く、そのままだった。
しかし、それでは駄目だ!、強く感じた訳けでも無いのだが、修正してみた。
ブログ部分はNucleusで構築されていて、Joomla!でフィードを引いているのだが、理由が分からないので、Nucleusのフィードテンプレートを決め打ちにした。

まぁ、良しとしよう。
覚書。20110102
さくらのサーバーにRuby & Ruby on Railsをインストール。

手順は簡単に言えば、Rubyをインストールして Ruby on Railsをインストールだけど、 Ruby on Railsのバージョン管理とインストールはRubyGemsで管理されているので、RubyGemsをインストールしなければならない。 RubyGemsの最新は1.4.1

Rubyの最新バージョンはruby 1.9.2-p136

Rubyのインストールは確認したが、Ruby on Railsは未確認。
今日はここまで。