準備

先ず最初にパスを描きます。
Blenderではどの種類のパスでもモーションパスとして扱うことが可能です。
ここではBezierパスを使用します。

 

作成したBezierパスは最低限の線分のみですので、必要な場合はToolsのExtrudeで伸ばしてください。

 

パスを作成すれば次にカメラを選択し『Constraint』『Follow Path』を選びます。

 

 

『Follow Path』で重要な設定は以下の3点です。
Targetに作成したカーブを選びます。
Follow CurveとFixed Positionにチェックを入れます。 

 
次に、カメラの座標がずれているとパスへの追従が確認できませんので、カメラを選択して『Location』と『Rotation』を0に設定してください。

カメラの原点がBezierパスの始点に一致します。

 


アニメーション設定

下準備ができれば、アニメーション設定です。

 『タイムライン』の1フレームを選択して、『Offset』が0になっていることを確認し、カメラの角度等を調整します。

 

『Offset』上でマウス右ボタンを押して『Insert Keyframe』を選んでキーフレームを挿入します。

 

 次にアニメーションのエンドフレームを選択して『Offset』を1に変更した後、カメラ角度等を調整します。

 

 再度『Offset』上でマウス右ボタンで『Insert Keyframe』を選んでキーフレームを挿入します。

 

以上でモーションパスを使ったカメラアニメーションの設定が完了です。