Metaverse,Blockchain,Cryptocurrency,Non-Fungible Token:メタバース、ブロックチェーン、暗号通貨、NFT

もちろん時代のキーワードといえばこれらの言葉。
(AIは破壊的キーワードだか、一先ず置いておく・・)
WEBの世界の黎明期からの住人としては、2022年からの数年がWEB3.0への入り口であることは間違いないと確信している。

私を含めネイティブのネットワーカーは、これらのキーワードが単なる流行でないことも理解しているだろう。
同時代を体験しているザッカーバーグが社名を「メタ」に変えたのも、グリーが今後の数年に100憶をメタバース関連への出資を決めたのも、彼らはこの時を待っていたのだ。

両社に共通している課題は、どちらも古いタイプのSNSで、企業は成長したもののその先の展望が見えないところにあった。
FacebookはTwitterに、TwitterはInstagramに、InstagramはTikTokに・・・とSNSは変遷したが基本は変わらない。
WEBはハードウェアによる通信速度、CPUの処理能力、情報の処理能力の発展に依存している。
これらの発展は扱う情報をテキストデータから映像データへと変えてきた。
必然的に静止画や動画、音声データがネットワークを移動し、人々のコミュニケーションは益々リッチになった。

しかし、次へのステップが何か足りない。。足りなかったものは何か。
それはローレンス・レッシングが「コモンズ」で言ったように、「フリー」や「シェア」で語られたように、思考錯誤しながらネットワークの文化は発展してきたが、そこにはネットワークを独立させる技術が欠けていた。
多くの国の政府、特に中国やロシアといった大国がメタバースやブロックチェーンを恐れるのは、それが国家から独立可能な世界の出現を可能とする技術だからだ。

FacebookやTwitter、Instagramの出現は人々が思っている以上に革命的なことである。
それは人類が次のステップへと進化するきっかけとなるツールだからだ。
これは単に“進化のようなもの”ではなく、真に生物学的な進化であると考える。
現在、地球上の人間の50%以上が何らかの形でSNSを利用している。
これは、人類の半数がほぼ瞬時に意思疎通可能な状態であるといえる。
このようなことは今まで人類の歴史で一度もなかったことだ。
様々な問題も同時に発生しているが、それは、仕方ない。
人類の半分が意見を言って、耳にしているのだから騒々しいのも仕方ないことだ。

しかし、次へのステップが見えなかった。。人類はおしゃべりを続けるのか。
そこに現れたのが「ブロックチェーン」だ。
私自身も「ブロックチェーン」のコンセプトが単純すぎて、「仮想通貨」のみの側面が目立ち、その本質がよく見えなかった。
しかし、NFT[Non-Fungible Token]:非代替性トークンの一般化により全てが明るく照らされた。
そこにVR、AR、MR、XRといった拡張型3D体感メディアのキーワードが加わり、ようやく5歩ほど先の未来があからさまになったのだ。
ここ数年のコロナ過、ロシアによるウクライナ侵攻は偶然なのか。
全ての現象が「仮想」へとベクトルを向けている気がする。

Metaverse:メタバースからMPV:Meta Personal Versへ

その実態はまだ見えてこない。
今後、5年から10年の時間をかけて徐々にその姿を現し、基本的な発展は30年程続くだろう。
多くの者が想像するように「メタバース」はアバターであふれたオープンな世界になるのだろうか。
私自身は疑問に思っている。
「メタバース」はよりパーソナルで閉じられた世界を無数に構築していくのではないだろうか。
独立性の高い「MPV:Meta Personal Vers」の出現だ。

現在イメージされている「メタバース」がアミューズメントパークやショッピングモールサイトのようなものだとすれば、「メタパーソナルバース」は個人のサイトだ。「メタ」や「グリー」がそれに気づけば、「メタバース」の違った側面から強力に参画できるだろう。
ただ、ここには実際のプロトコルや策定やそれをペースとした移動手段(アクセス)の技術開発が必要だ。

Blockchain:ブロックチェーン

ブロックチェーンは単純な構造だが画期的だ。
ネットワークで確認可能な「裏書き」を可能としたシステムだ。
Cryptocurrency:暗号通貨(替性トークン)とNFT[Non-Fungible Token]:非代替性トークンの実現が成果物だ。

Cryptocurrency:暗号通貨(替性トークン)

現在の世界は古いタイプの国家で構成されている。
国家の基本は個人や同族の安全を守るために集団として発展し、形成された。

今現在、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、その価値も乱高下し投機的にとらえられているがいずれ安定し、通貨として利用可能になるだろう。
それはビットコインかもしれないし、他のアルトコインかもしれない。

NFT[Non-Fungible Token]:非代替性トークン

今までデジタルデータや抽象概念の一位性を担保する方法は無かった。

もちろんNFTを用いても、元の対象が「オリジナルで誰に保有する権利」があるのかを担保することはできない。
しかし、ブロックチェーンが可能とした「裏書き」は、これら形の無い情報をネットワーク上での流通を可能にした。

結論

ブロックチェーンによって可能となったデータの流通をもとにメタバースは実際の独立した世界へと発展してゆく。

そのため、多くの人が実際の国家から次第にメタバース(メタパーソナルバース)への依存度を高め、暗号通貨が国家が発行する通貨に代替されるようになる。暗号通貨は乱高下を繰り返しながら数十年をかけて安定した通貨に到達するだろう。無数の暗号通貨がローンチされるが、信用できる通貨、投機的な通貨、無価値で詐欺的な通貨が混在しながら発展する。NFT[Non-Fungible Token]は、こちらも様々な利用方法が試され、急速に広がる。
環境問題をうまくかわせば、すべてのデータがNFT化するかもしれない。

上記の変化は10年から50年程の時間をかけて行われるだろう。
国家の枠組みから離れ、メタバース(メタパーソナルバース)に依存すればするほど、ブロックチェーンの重要性、利便性は高まり、単純な成果物である暗号通貨へのシフトが早まる。

これからの30年は激動だ!
加筆中。