MayaでBackburnerを利用するための設定

Backburnerは単体で以下のサイト等から無料入手可能です。

https://knowledge.autodesk.com/support/3ds-max/downloads/caas/downloads/content/backburner-2016-windows-version-for-3ds-max-2016.html

3Dソフトウェアのスタンダード3D'sMAX、MayaのAutodesk

3D'sMAXの他MayaやAfterEffectsなどのレンダリングサーバーを構築可能です。

ここではローカルのコンピュータ(Mayaを使っているPC)での設定を行います。

リモートでの複数サーバーを設置するレンダーファームの構築は、先ずローカルコンピュータでの動作確認を行ってから試みましょう。

Backburnerは3つのソフトウエアから構成されています。

  • Backburner Manager
    • レンダリングジョブの割り振り、監視を行うソフトです。一つのネットワークレンダリングサーバー群で一つ立ち上げる必要があります。
  • Backburner Server
    • レンダリングを実行するためのサーバーソフトです。立ち上げたサーバーが参照するマネージャーの監視下でレンダリングワークを行います。
  • Backburner Monitor
    • レンダリングサーバーの実行状態をモニターするソフトです。レンダリング作業に必要ありませんが、実行状態確認のために適宜起動します。

 

出力先の共有設定

ローカルでは問題になりませんが、複数のユーザーが使用するネットワークレンダリングの場合は共有設定に留意し、設定を行ってください。

 

 Backburner Managerの設定

 Backburner Managerの起動

 

Backburner Server の設定

 

 

 

Backburner Serverの接続先マネージャーのIPアドレス

以下はローカル⇒ローカルなので、localhostを入力

 

Backburner Monitorの起動

 

 

Mayaからテストジョブレンダリング

ファイルの保存場所

ネットワークレンダリングを行うにはレンダリングサーバーから参照可能なネットワークサーバーにファイルを保存する必要がある。

 

以下のエラーメッセージが出たら、ファイルの保存場所に問題があるかもしれない。

Cmdjob adapter: Process exit abnormally,Exit code is 211

 

 

レンダリング画像の格納場所

 

ログファイルの所在

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\backburner

  • Managerログ : backburner.log
  • Serverログ : backburnerServer.log

 

C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\bin\Render