ActionScript 3.0 覚書

ActionScript 3.0は以前のバージョンとは別の言語になったといっても良い。
どこにでも書けたスクリプトはフレームと外部ファイルに統一され、on()やonClicEvent()といったイベントハンドラは使用できなくなった。
もちろん互換もナシ。

このあたりの情報、Adobeのヘルプを見ても読む気にもならないし、、簡潔に公開されていないため、ちょっと覚書。
ActionScript 1.0、2.0しか知らない人のための最初の第一歩。ボタンの作り方です。

イベントリスナー

イベント処理のためにはイベントリスナーを利用しなければならない。
処理の手順は「イベントリスナーの登録」、「イベントリスナーの定義」の二つの記述を行う必要がある。

 

  • イベントリスナーの登録
    オブジェクト.addEventListener(イベントタイプ,リスナー関数,キャプチャでの動作,優先度,弱参照するか);
    ※弱参照とはガベージコレクタの対象にするかということ。
    実際の記述
    bt_stop.addEventListener(MouseEvent.CLICK,StopBtHandler);
  • イベントリスナーの定義(イベント発生時の処理)
    function リスナー関数(イベント) {
               //処理
    this.stop();
    }
    実際の記述
    function StopBtHandler(MouseEvent) {
    this.stop();
    }

実際どうするの

と、このように書くと、普通の解説で結局分かりにくいので、省略できるものは省略して、ボタンの作り方をpdfファイルにしました。詳しい解説は他の人に任せます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい