ASUS K53Uが起動不能に! システムリカバリー作成の顛末。

ASUSのK53U

先日、父親のASUSのK53U ラップトップパソコンが少し調子が悪いと言うので、少しクリーンにしてやろうと自宅に持ち帰った。
良くある使っていると何となく起動に時間がかかったり、起動時に見知らぬメッセージウインドウが現れたりと言うアレだ。

『モジュール”C:\ProgramData\×××.dat”の読み込みに失敗しました。バイナリが指定されたパスに格納されていることを確認するか、バイナリまたは依存.DLLファイルに問題がないか調べてください。』

『パソコンが少し調子が悪い』最も面倒な症状は『モジュール”C:\ProgramData\×××.dat”の読み込みに失敗しました。バイナリが指定されたパスに格納されていることを確認するか、バイナリまたは依存.DLLファイルに問題がないか調べてください。』的な起動時のエラーメッセージだ。
何かが何かを呼ぼうとして失敗しているようだが、ネット上を探してもダイレクトな答えは得られなかった。

不要な起動項目を全て停止を試みるためにmicrosoftの『Autoruns』をダウンロードした。
このソフトは良く出来たソフトであったが、私の使い方に不注意があった。
一覧に並んだ起動項目の中からmicrosoftの名のついていない項目を適当に削除したのだ。
まあ、何か致命的な問題が起こればリカバリーすれば良いと考えていたので、バックアップも停止も試みず、即削除を行った。

『runtime error 216 』

結果は悲惨なものだった。
起動はするものの、このことによってすべてのネットワークが接続不可能となってしまったのだ。
この時目にしたエラーは『runtime error 216 』。
エラーメッセージを検索すると直ぐにヒットしたのが、『エラー メッセージ “Runtime Error 216” が表示される』 のmicrosoftのサポートページだ。

このページでは、ウイルスに感染している・・・云々の情報が書かれていたが、それは無いだろうと思い他を探す。
他にも幾つか情報は見つかったが、どれも解決に至るものは無かった。
仕方無くシステムをリカバリしようと考え、作成済みだったRecovery DVDで起動を試みる。
ASUS K53Uのリカバリー方法は以下のページでも記されているように単純なものだ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10111886785

最近のコンピュータはDVDなど外部メディアからのリカバリーと内蔵ハードディスクのリカバリー領域を使用する方法がある。
最初に試したのが外部メディアのリカバリーDVDだ。
しかし、このDVDの起動が上手くいかない!
DVDからの起動やBIOSの起動は簡単なはずじゃないか!
何故こんな簡単なことが上手くいかないんだ。
DVDは読みに行くが、有効なリカバリーデータが無いと言う。

次に内蔵ハードディスクのリカバリー領域を試すことにした。
しかし起動中に<F9> キーを押しても、リカバリープロセスに入れないのだ。
Recovery DVDも内部リカバリー領域も使えない。
途方に暮れてしまった。。

ネットを探しても有効な手立ては見つからなかった。
何度も何度も試み、諦めかけていた時、他の機種の情報ではあったが『連打をすれば・・』と都市伝説のような投稿を見つけた。
勿論期待などはしていなかった。

連打と 『Windows Setup [EMS Enabled]』

起動後ASUSロゴが表示されている時に、<F9> キーを連打!するのだ。
その時、待ち望んでいた『Windows Setup [EMS Enabled]』が表示された。
まさか、このような方法で、、、。
かくして無事セットアッププロセスが起動し、ASUS K53Uのリカバリーは成功した。

BIOS起動ももしかすれば連打すれば良いのだろうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい