大阪メトロとマテリアライズ[Materialize]のロゴが酷似している件について。

大阪メトロのロゴマークを最初に目にしたときは正直、あまりに単純なデザインなので少し驚いた。

ここでの単純とは、カーブの作りに工夫がないといった意味である。

このように単純であれば似たデザインは多く存在するのではないかといった危惧があったが、(私が心配しても仕方無いが。)偶然にもCSSフレームワークであるマテリアライズ[Materialize]のロゴを目にしたときにその危惧は現実のものとなった。

幸運にもCSSフレームワークであるマテリアライズ[Materialize]はそれほどメジャーで無く、もちろんこの記事には大阪メトロのロゴが盗作であるといった意味も全く無い。
マテリアライズも大阪メトロも簡単にAdobe Illustratorの円ツールでカーブを作成し繋ぎ合わせたことは明白であるため、デザインが少し簡単すぎるんじゃないか、もう少しカーブを複雑にしないと似ちゃうよ、と言った意味である。

多分、少しはお金を使っていると思うから、そのあたりは工夫した方が良いかも知れない。
googleの画像検索で調べることができれば良いが、この画像検索は基本的に色を基準としているために類似のグラフィック形状は見つけ難い。

ビジネスの世界ではオリジナルだから良いのではなく、説明のためにも事前調査は必要だろう。
デザインなど著作の類似検索はまだまだAIによるニッチマーケットが期待できる分野かも知れない。

CSSフレームワークであるマテリアライズ[Materialize]

 

大阪メトロ
大阪メトロのブランド紹介ページ

大阪メトロのロゴを縦横変形して二つのロゴを重ねた状態。
※カーブの類似が見みられる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい