警察WINNY汚染

警察官の個人所有のコンピュータから情報流出が問題となっています。
なんでも、winnyをインストールしてあって・・・という、非常に初歩的な流出らしいのですが。
結局、個人所有のコンピュータでもwinnyのインストールは禁止というお達しがでたようです。

そもそも何のために彼らはwinnyをインストールしているのでしょうか。
私自身はp2pアプリは素晴らしいと思いますし、個人間の情報共有は極めてインターネットらしい文化だと思っています。
著作権に関しても、現状のルールには問題点が多く、改良の余地が多くあります。
しかし、現状の法的立場から考えると、winnyは多くの違法コピーに利用されています。
少なくとも法律を守る側の彼にとっては、何のためにwinnyをインストールしたのでしょうかね、、。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい