柳沢伯夫厚生労働相

安倍内閣が秒読み段階に入った・・・かもしれない。

柳沢厚労相(柳沢伯夫厚生労働相)の口が滑りまくり、国会が紛糾し安倍晋三(あべしんぞう)首相の首がさらに細くなった。

柳沢厚労相の発言内容には問題あるが、僕が最も問題に感じることは、彼には“少子化”に対しての策が無いことだ。
“無策”。これが柳沢厚労相の首を切る、唯一の最も正しい理由だろう。

※僕自身は日本の少子化は避けられないと思っているし、それを是正する必要もないと思っている。
広々とした国土で国民がゆったりとすごし、少ない子供達を皆で大切にのびのびと育てる。
なんて素敵な社会だろう。
問題は社会的な活力をどのように維持し、雇用、老齢未就労者の生活をどのように維持するかの問題である。
つまり必要なのは少子化対策ではなく、若年、老年者の雇用対策。所得格差の是正と子供を育てられる環境整備だろう。

※もちろん僕自身は子供が好きで家族は多い方が良いと思っている。上記環境を整えることが少子化対策への最も近道だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい