「Iron Man 2」を見た

先日は「Iron Man 2」を見た。
超リッチな兵器企業の社長が天才的な頭脳で作ったパワードスーツを着て、世界を平和にするといった、何の悩みも無い映画だ。

久々のミッキーロークが過去のある悪役で出演だが、アメリカ映画で良くあるように、その話がテーマとはなっていない。

本当に超リッチな企業家が世界平和のために行動すれば、世の中もっと良くなると思うが、実際にはあまり例が無い。
全世界の富裕層の富を効率良く再分配すれば、世界から貧困は無くなる。
世界のアンバランスの多くは、過剰な資本集中にある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい