WordPress:公開URLで開発し、クライアントに開発途中のページを見せる方法。

WordPressネタです。

良くあるニーズとしては現在既にページが公開されていて、サイトリニューアルのために新たなページをWordPressで構築することになったけど、公開URLで開発できれば完成時にディレクトリ移動もしなくても良いけど、どうすればクライアントに開発途中のページを見せることができるか。

、と長々と書いたのが今回やりたいこと。

もちろん全く大した手法では無いけど、私のやってる方法を覚書&公開します。

既にWordPressがインストールされていて、デザインテーマの変更確認などの場合は WP Theme Test等を利用して確認するのも一つの方法ですが、ここではWordPressが動いていないサイトで公開ルートにWordPressをインストールして確認作業を進めます。
※Theme Test Drive、WP Theme Testは開発がストップしている様子で長くアップデートされていません。
既に公開されているホームページへのアクセスはindex.htmlとします。

  1. 先ず公開ルートにWordPressをインストールします。
    (ルートがごちゃごちゃとしますが、タイムスタンプなどで管理します。)
  2. 公開用(クライアント)のアカウントを作成します。
  3. プラグイン『WP Maintenance Mode』をインストールしメンテナンスモード。
  4. クライアントによるルック確認はWordPressにログイン後、公開ルート/index.phpにアクセスして頂きます。

以上、簡単ですが公開ディレクトリにWordPressをインストールしてページを確認する方法でした。

 

Customizing WordPress themes before they’re live