南海トラフ地震の予兆か。

今朝、比較的大きな地震が起こった。

震源地は高槻市、私の住む枚方も大きく揺れた。
私自身は出向く予定だった学校が休校になったが、あと少し(10分ほど)遅れていれば、電車の中で地震をに会い車内に閉じ込められていたはずだ。

高校生の息子は既に天満橋を降りて車内に閉じ込められることもなかったが、
大阪市内、そして京阪は全線ストップになってしましったために家に帰ってくることもできなかった。

地震直後から携帯電話は繋がりにくくなったものの、LINEは問題無く繋がり家族や弟家族との連絡に支障はなかった。
伊丹家LINEグループのチャットで対応策を尋ねると、姪が彼氏と車で拾って家まで送ってくれることとなった。
市内から枚方までの1号線は地震のために渋滞がひどかったようだが、2時間半ほどの時間で家に戻って来た。

現在も帰宅難民があふれている様だ。

また、枚方と違って、どうやら高槻は全域で断水で水が出ないらしい。
ガスも止まっているようだ。

7時過ぎに実家の両親から水が無いとの電話があり、急遽常備していた2ℓ入りの水を3本自転車を走らせて持って行った。
80歳を超える年寄りには非難所や給水車の来ている場所へ水を汲みに行くこともできない。

今日は授業が無かったので比較的ゆっくりと資料の動画作りが出来たのだが、
この地震は更に大きな地震の予兆なのか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい