SIMフリーXperiaとDTIとFusionとLineとSkype・・・

スマホブームの昨今ではあるが、子供に高いスマホを持たせるには少し躊躇してしまう。

そこで少し先の未来のために実験&実験。

先ずはSIMフリーのデバイスを用意する。

私が選んだのはSONY XPERIA mini ST15i SIMフリー。 

知り合いの講師先生が実際に使用して実機を見ていたためだ。購入はAmazonで16000円程度で可能。

熱暴走や連打病の報告もされていたが、OSをAndroid4.0にアップデートすれば解決。

SIMは現在のところ最も安いDTIのServersMan SIM 3G 100を契約する。

これは通信速度100kながら月額490円という格安SIM。

オプションのSMSオプション:150円/月、ServersMan 050:315円/月をあわせて月額合計955円。

100kの速度でip通話ができるのか!!? これが最大の疑問だ。

これができれば、基本料金月額955円の携帯が完成する。

Fusionの050電話では実用的とは言えない結果が出ていたが(もちろんLAN環境では問題無く使える)、

DTIが提供するServersMan 050は100kでも会話可能というのが売りである。

いままでのところ最も音質が良いのてはLINE、その次がSkypeでこれらの通話アプリであれば快適に会話可能である。

5月からDTIが提供したServersMan 050を現在検証中!

 

6/9 追記

その後、ServersMan050 を契約して使ってみる。

100Kでも安定した会話が可能だとの宣伝文句だが、当初はまったく使えない代物だった。

多くの否定的意見がネットでも見られたが、私のように古くからのからのネットワーカーは知っている。人気の落ち目なネットワークサービスこそ狙い目なのだ。

暫くガマンしていると、6/3にアプリがバージョンアップされた。

このバージョンアップで会話品質は格段にアップしたが、会話遅延がまだひどい。

もう少しの改善を期待するか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい