Mayaの講習のためのサンプル作成

時間読みと要点把握のためにモデルを作生。

とある講習の時間読みのために作成。
あまり手を入れると作業読みできないので、このあたりでストップ。

テクニカルなレギュレーションは5000ポリゴン以下でマテリアルは一つ、テクスチャは1024px×1ファイルでtargaを使用する。

targaの透明はアルファチャンネルを作成する必要があるので Photoshopでは少し面倒。

アンビエントオクルージョンの作成はマテリアル設定して、ArnoldのUtilitiesからRender Selection To Textureを選んで書き出し。
UVがかさなっていたりすると影が重なるので注意が必要。

アンビエントオクルージョンマテリアル
AOの書き出し
アンビエントオクルージョンなしのテクスチャ
ベイクしたアンビエントオクルージョンをテクスチャにマージ
targaの接続

少し変わったところとしては、ライトを設置せず targa画像を直接Emissionに接続して発光させる。
そのため影も描く必要があるが、そこが練習。
といってもAOをベイクして少し手を抜く。

ベイクしたAOのテクスチャはPhotoshop上で合成しても良いし、ノードに読み込んでマルチで繋げても良いかも。
ノードでつなげる方が調整は効くけど、さてどうしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい