Maya Arnoldの背景透過シーケンスレンダリング: How to Make Background Transparent Sequence Rendering on Maya Arnold

Maya Arnoldで背景透過レンダリングをする際に少し迷ったので覚え書きです。

例えばこのような 静止画で 背景を透過したい場合、SkyDomeLightのVisibilityのCamera設定を0にしてArnoldのRenderビューからそのままPNG保存すれば背景は透過の状態で保存可能です。

SkyDomeLightのVisibilityのCamera設定を0

※AreaLightはデフォルトでカメラに映らないので非表示設定の必要はありません。

しかしアニメーションのためにシーケンスレンダーで保存しようとすると上手く行きません。
レンダー設定でファイル形式をpngにしても透過保存出来ないのです。

色々調べた結果、ArnoldのPNGはα情報を保存できていないようです。

シーケンスレンダーで PNG保存 : Photoshopで確認すると透過情報が無い
Non transparent by PNG

結論

シーケンスレンダーで透過情報付き画像を保存したい場合はtifを選びましょう。

Conclusion

Select tif if you want to save the image with transparency in sequence rendering.

シーケンスレンダーで tif 保存 : Photoshopで確認すると 透過情報がある
Save with tiff

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい