Dreamweaver デザインタイムは使える?

Dreamweaver のデザインタイムは一見良く出来ている。
デザイン(Dreamweaver 編集時)しているときだけ、ページ単位で特定の複数のCSSを有効にすることができる。
つまり編集時だけの仮のCSSリンクだ。

便利そうで、、実際便利なので良く使っている。
CMSのテンプレート設計時などは実際のサイト構造とローカルでの構築環境が違っている場合も多い。
また、CSSへのリンクをphpなどによって動的に設定している場合もある。
このような場合はもちろん静的なローカル環境ではデザインの確認ができず、ローカルで検証サーバーを立ち上げるか、本サーバーへのアップにより確認となる。

しかし、デザインタイムを設定すれば、自由にCSSファイルへのリンク設定が可能なため、このような問題から開放される。。はずなのだが、、
実際は上手く行かない。

リンクは設定され、多くのスタイルは適応されるが、されないものもある。
また、デザインタイム使用時のブラウザによるプレビューは益々完全とはいえない。デザインタイムを盲信すると思わずハマッてしまうことになる。
結局、削除前提のリンクを記述することになる。

Dreamweaver デザインタイムは便利そうで便利ではあるが、100%は使えないという話でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい