企業努力が世界を変える

Companies effort changes the world


先ず最初にラフラフスケッチ。この状態で使える絵になるかが決まる。
最初の案では背景に文字が入っていました。少し説教くさいので、、、文字は止めました。
実は少し未来の設定なのです。


ラフラフスケッチを少し透過させて、作成した上位のレイヤーにシェイプアップ。
このあたり、SketchBook Proは非常に扱い易い
このラフスケッチ段階でキャラクターの表情などは凡そ決めておく。


ラフスケッチレイヤーの透明度を調整してその上レイヤーに各キャラクターのに顔を描く。
・・・といっても今回のキャラは同じような顔ばかりだけど。
一番右のキャラクターが決まらない。全体ととしてはハッピーな記念撮影風にしたいが、少々バランスが悪い。


さらにレイヤーを作成し、体を描く
結局右端のキャラは体を左前。構図としては面白みに欠けるが、無難な選択。速写性も必要。


キャラクターの色を塗りこむ
最近凝っているのが、漫画的なちょっとチープな彩色。
アナログ的メソッドで言えば、サインペン&カラーインク(ホルベイン)ってところだろうか・・
※スナップショットでは背景も彩色されているが、実際にはキャラを塗ってから -> 背景。


背景をあっさりテイストで塗り・・・
背景はキャラに色を入れたあとでバランスを見ながら。


全体を描き終えると、サイン用のレイヤー作成。
同時にタッチの調整。
完成はもちろんこれ、

このイラストに使用したSketchBookProのツールは鉛筆、マーカー、エアーブラシ、消しゴム、、、でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい