脱エネルギー

英国は2020年までに国内全世帯の電力需要を風力発電で補うことを発表した。ドイツでは脱原子力発電へ動き出した。

日本は明確なエネルギー政策がある訳でなく、環境に対する明確なビジョンがあるわけでもない。
資源を見ても、環境を見ても未来がどのような方向性を持っているかは明らかだ。ある程度快適な環境を維持するためには我慢が必要で、全世界は質素、倹約、、「もったいない」の社会を必要としているようだ。

50年、100年後の未来はアーミッシュ(Amish)が理想としたような社会になるのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい