ベルリンの壁が崩壊してから25年

1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊してから25年が経った。

その後、1991年12月25日にはソビエト連邦が崩壊する。

たまに若くして死んだ二人の友人のことを思い出す。

彼らはベルリンの壁が崩壊したことも、ソビエト連邦が崩壊して世界が変わったことも知らない。

そのことに思いを馳せるたび、そこはかとない悲しみを今でも感じる。

もちろん彼らの事は忘れていない。

しかし、次第にそのイメージはおぼろげとなり、はっきりとしないものになってゆく。

現実ではなく、まるで昔の白黒写真のように現実味を失ってゆく。

そのことがまた、とても悲しい。

頭の中で彼らの情報を維持できない。

彼らの本当の死が訪れようとしているのかも知れない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい