XAMPP 環境に SubversionとSubversionのバックアップ

Subversionのダイエットを目的としたバックアップ検証のためXAMPPにSubversionをインストールした。

http://hamamura.org/wiki/index.php?Subversion

http://www.gside.org/Gentoo/subversion/subversion.html

http://d.hatena.ne.jp/pasela/20090206/svn_backup

 

実際の目的たであるSubversionのバックアップ方法に関して。

問題点

仕事の関係で大量の映像データを15名程のグラフィック制作スタッフで共有している。
実際の映像データはAftereffectsのプロジェクト全体だったり、動画ファイル、画像ファイルといったデータである。

経験的にプロジェクト進行中のこれらの共有データは500GB以上になる。
ファイルのバージョン管理は非常に古典的な日付管理法であるが、もちろんこの方法は様々な問題が発生する。

Subversionの利用はシステム構築管理やドキュメント等のバージョン管理ですでに導入済みである。
グラフィックデザイナーもSubversionの使用方法にはなじみがあり、Subversionによるグラフィックリソースのバージョン管理導入に関しての敷居は高くない。

問題点としては以下の項目である。

  1. Subversionの履歴ファイルは巨大化の一方であり、TBオーバーのリポジトリになることは容易に想像できる。

 

任意リビジョンのdumpとload

# svnadmin create c:\xampp\svn\repos\test2
# svnadmin dump c:\xampp\svn\repos\test > test.dump * リビジョン 0 をダンプしました。 * リビジョン 1 をダンプしました。 * リビジョン 2 をダンプしました。 * リビジョン 3 をダンプしました。 * リビジョン 4 をダンプしました。 * リビジョン 5 をダンプしました。 * リビジョン 6 をダンプしました。 * リビジョン 7 をダンプしました。 # svnadmin dump c:\xampp\svn\repos\test > test.dump -r 7 * リビジョン 7 をダンプしました。 # svnadmin load c:\xampp\svn\repos\test2 < test.dump <<< オリジナルのリビジョン 7 に基づき、新しいトランザクションを開始しました * パスを追加しています : 01.txt ... 完了しました。 * パスを追加しています : test2.txt ... 完了しました。 * パスを追加しています : gogh3_0327.tif ... 完了しました。 ------- 新しいリビジョン 1 を (オリジナルのリビジョン 7 からロードして) コミットしました >>>